×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホンダ車のモデル情報と価格や値引きの相場

ホンダ

 自動車もさることながら、バイクの製造・販売でも確固たる地位を確立している「ホンダ」。「世界で最も多く製造されたオートバイ」と言われた「スーパーカブ」は世界各国で大ヒットとなり、「スーパーカブのホンダ」としてその名を世に広めることとなりました。

 自動車に関しては、現在までの車はいずれにおいても前輪駆動車の割合が多く、環境に配慮した高精度な技術が活かされています。ホンダの社長は「技術畑出身であるべき」というのが伝統であり、その方針は今日も変わっていません。社長自らが高い技術力を身につけることで、高い技術力を持った会社であるということを証明しているように感じます。特にエンジン性能については高く評価されることの多いホンダ。高回転までスムーズに回るエンジン、高出力、低燃費に定評があります。技術者が代表を務める企業ならではの特徴がエンジンにも高い性能となって表れているのではないでしょうか。

 ホンダといえば、一昔前まではスポーツカーのイメージが強かったと思われますが、最近では「オデッセイ」や「フィット」を始めとしたミニバンやエコカーの勢いが非常に強いのではないでしょうか。また、日本仕様車の生産が終了した「シビック」も、古くから取り扱われていたホンダの看板車種の一つであったといえます。日本での生産は終了したものの、欧州や北米での生産・販売は行われておりホンダの世界戦略車の一つとして今も生き続けている車です。

 一方、日本国内ではハイブリッド技術を取り入れた「インサイト」や「フィットハイブリッド」などの売れ行きも好調です。特に「フィット」は2002年における国内での販売台数がトヨタ「カローラ」を上回り一位を獲得。長年首位の座についてきたカローラの大記録をストップさせることとなった、爆発的なヒット商品となったのです。

 最近のホンダの車といえば、「低床・低重心」の設計や「センタータンクレイアウト」など独自の技術を盛り込み操作性や内装などのレベルアップを図っています。モータースポーツなどでの功績も高いホンダですが、スポーティな車のみならず大衆向けの車の開発も目覚ましい発展を続けているといえそうです。

 コアなホンダフリーク達からは、昨今多くなってきたミニバンやエコカーよりもホンダらしい走りを見せてくれる車を待ち望む声もあるようです。いずれにせよその高い技術力で、今後はエコと走りを両立させたホンダならではの新しい1台を打ち出してくれることでしょう。

車の情報屋日本の各自動車メーカーが製造・販売する自動車の概要や基本スペック、コンセプト・メカニズムなどを紹介しています。
値引き交渉や価格の相場ならThe新車新車を安く買うためには様々なテクニックや交渉術がありますので、そのコツや伝授し皆さんのカーライフ充実にお役立てください。
新車を安く買うためには支払い総額で見積を取り、その総額を抑制すると大きな値引きが得られます。 車両本体価格を値引してもらうのは当然ですが、支払い総額の中の様々な項目で抑制が必要です。
自動車の購入には一時的に高額の資金が必要になりますが、リースの場合毎月のリース料の支払のみで自動車を入手することが出来ます。
中古車として販売される場合も車種や年式などによって人気度に差があります。人気車種なら買い手も多いため高額での販売が可能であり、それは買取価格にも反映されます。
車の買取相場と中古車価格買取・下取り・査定に関する情報を集めたスペシャルサイト
車の下取りとは、新車購入の際に現在の愛車をディーラーに買い取ってもらい、その代金を新車の購入費用に組み入れることです。
下取りの場合ディーラーはその車両をそのままオークションに出品する場合が多いようですが、比較的状態の良い車の場合は自社系列の中古車販売店で売る場合も多いようです。
ホンダ車の価格と相場の情報なら中古車NOW中古車の購入や中古車査定に関する情報サイト。購入時のお店の選び方や買取査定の準備など。
ホンダ車の価格と値引きのガイド新車購入の際に値引き交渉を有利に進めるコツや見積書の読み方など。
何よりもまず「総支払額」で見積をとりましょう。見積を取れば何にいくらかかるのかが明確にわかります。ローンでの購入を考えている場合はその利率を知ることもできます。


Powered by "Naruse Contents Planning"